4月1日に発売されたBABYMETAL(ベビーメタル)のニューアルバム「METAL RESISTANCE」がアメリカのビルボードのアルバムチャートで39位に入りましたね。日本人のTOP40入りは坂本九さんの「SUKIYAKI」以来53年ぶりとなります。この数字がどのくらいすごいことなのかと、なぜBABYMETAL(ベビーメタル)はアメリカや海外で人気が出たのかについての考察をまとめたいと思います。

Sponsored Link

BABYMETAL(ベビーメタル)が米ビルボード総合アルバムでチャート入り!これって何がすごいの?

 BABYMETAL ビルボードチャート入り

そもそもビルボードチャートって何でしょう?音楽を詳しくない方でも何となく聞いたことはあるのではないでしょうか。

ビルボードチャートとはアメリカにあるビルボードという雑誌に掲載されているCDのランキングの事を言います。同じような概念で言えば、日本だとオリコンチャートがそれに当たると言えますね。

そのビルボードには年間174種類のチャートがあります。例えばワールドミュージックランキング等かなり細かくチャートが分かれています。以前BABYMETAL(ベビーメタル)はワールドアルバム・チャートで1位を獲得して話題になった事がありましたが、その時はその174種類の中のワールドミュージックに特化したランキングで1位を獲得したということでした。しかし、今回はBillboard200というアメリカにおける売上上位200の総合チャートで39位に入りました。ちなみに下位の58位には同じくニューエントリーで世界的に人気のあるPet Shop Boys(Go Westはあまりにも有名)のSuperというアルバムがランクインされました。Pet Shop Boysを越しちゃいました!そしてさらにTOP40入りは坂本九さん以来なんんと53年ぶりとなります。日本人としては久しぶりの快挙と言っても過言ではないでしょう。

ちなみにアメリカ以外の海外での反応も良く、イギリスのビルボードチャートでも初登場15位を記録しました。

Sponsored Link

BABYMETAL(ベビーメタル)はなぜアメリカで認知され始めたのか?

BABYMETAL なぜ アメリカで人気

ではなぜ音楽やエンターテイメントの本場でBABYMETAL(ベビーメタル)は人気が出たのでしょうか?

そもそもアメリカで人気が爆発したわけではなく、ヨーロッパからジワジワと人気が出てきていたようです。イギリスのヘヴィメタルフェス「Sonisphere Festival UK」で大物ミュージシャン達と肩を並べて出演し、またその独特のビジュアルからイギリスのファッション誌「ID」でも取り扱われ、注目度が集まりました。そしてYOUTUBE等で海外から多く動画が再生されるようになりどんどんと認知されていきました。そしてレディー・ガガからサポートアクトとして参加の依頼がありアメリカで公演するようにもなりました。こうしBABYMETAL(ベビーメタル)はどんどん認知されるようになりました。

Sonisphere Festival 2014の動画を載せますので観たことのない方は一度ご覧ください。

BABYMETAL(ベビーメタル)がアメリカで人気が出た理由の考察

BABYMETAL(ベビーメタル)がイギリスだけではなくアメリカでも人気が出た理由は単に楽曲のクオリティだけではないでしょう。人気の理由は圧倒的で前衛的で革命的なその世界観とコンセプトにあると思います。メタルでありながら3人の女の子が歌って踊るギャップが人々の心を鷲掴みにしました。また海外に媚びていない歌や踊りが逆に評価されたのかも知れません。また、日本人らしさである規律のある踊りもイギリスやアメリカからするとエキゾチックだったのでしょう。

そのBABYMETAL(ベビーメタル)の生みの親であるプロデューサーはKOBAMETAL氏と言われていますが、マスクで正体は隠されています。このKOBAMETAL氏のマーケティング力とプロデュース力があったからこそジワジワと世界で注目されるようになりアメリカのビルボードTOP40に入ることが出来たと私は思います。

名前こそ聞いたことはありましたが、私もBABYMETAL(ベビーメタル)の動画に見入ってしまいました。日本のフェスに出演することが分かったら是非生で観てみたいと思います。いやー、BABYMETAL(ベビーメタル)カッコ可愛いです!アメリカで人気が出た理由は十分理解出来ました。また当ブログでもBABYMETAL(ベビーメタル)関連の記事は追ってみたいと思いますね。

 

長文を読んでくださりありがとうございました。

それではまた、ちくわでした。

Sponsored Link