新宿駅

こんにちは、ちくわです。

 

先日、映画を観るために新宿へ行ってきました。
前評判の高いオデッセイを観に行くつもりで行ったのですが、前売りチケットを買わずに行ったところまさかの完売…。次の上映まで4時間以上という事態に。私一人で観に行ったわけではなかったので、てんやわんやの状態になりました。普段映画館にあまり行かないことと、地元映画館では完売状態を見たことがなく、また日曜日・新宿・人気映画であることを完全に見くびった結果がこれでした。そこで近くにあった別の映画館で僕だけがいない街を観てきました。その際にふとこんな事が気になりました。

「新宿駅は1日平均何人が利用しているのか?」

Sponsored Link

新宿駅の概要を整理

まず本題に入る前にちょっと整理してみました。
諸説ありそうですが、1885年(明治18年)に日本鉄道により現在の山手線が開業したのが新宿駅の始まりだそうです。大正初期から多くの私鉄が入るようになることでターミナルとなり、なんと早くも1931年には私鉄や国鉄などを合わせた利用者数で日本一になったそうです。また、1日の平均利用者数は定期利用者も含めると2014年の段階で748,157人もいるそうです。ちなみに、その内定期券利用者が396,945人
なお、東日本旅客鉄道(JR東日本)・小田急電鉄・京王電鉄・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)の5社が乗り入れる世界一乗客数の多い駅でもあるようです
参照:JR東日本サイト、ウィキペディア

Sponsored Link

基本的には仕事で来ている人の割合のほうが高そうですよね。外国人観光客も多いです。でもすれ違っていた人たちは割りとカジュアルな人、カップルが多かったような気もしますね。新宿と行っても場所によるのでしょうが。

新宿駅の1日の平均利用者数は?

なので、疑問の答えは「日によるが1日平均約75万人」が答えですかね。
ちなみに75万人というと高知県の人口とほぼ同じらしいですよ!

 

新宿駅。徒歩5分圏内に人が住んでいる場所ってあるんですかね。
それはまた別の疑問ということでまたの機会に。

Sponsored Link